糖尿病の食事について

糖尿病という病気から皆さんは何をイメージしますか?
私は糖尿病の知り合いがいるので、病院の先生や看護士さんに食事療法について指導されたり、入院している時は他の患者さんとは違う糖尿病の食事を食べていたりと、糖尿病になると食事を制限しなければいけないのだという印象を持っています。

さて実際には糖尿病になったらどのような食事をしたら良いのでしょうか?
ここでは糖尿病の食事について調べてみました。

 
糖尿病である事がわかったら、各個人毎の日頃の生活強度に合った食事をしなければいけません。
けれど、糖尿病の食事では特に食べてはいけないという食品はありません。
特別に糖尿病の食事を作る必要はなく、家族と同じ食事を量と食べ方に注意して食べると良いでしょう。
自分の生活強度に合った分量を食べるという事が大切です。

糖尿病の食事は、1日3食、多くも少なくもない自分に合った量を食べる事が重要です。
3食の食事の量は偏らないように、3食とも同じくらいの量を適量摂取しましょう。
大食いやまとめ食いやは、急激に多くのインスリンを必要とし、結果として膵臓に負担をかける事になります。
また、魚、肉、卵、豆腐などの副食は、毎食工夫して種類を変えて1食1皿にしましょう。おかずの量に注意する事も大切なのです。

野菜の食べ方にも注意が必要です。
糖尿病の食事に限った事ではありませんが、野菜は毎食食べましょう。
生の野菜なら両手に1杯くらい、調理して火を通した野菜なら片手に1杯くらいの量を目安にして毎食摂取しましょう。
野菜に含まれる食物繊維は、食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きをもっています。
野菜の摂取は常に普段から心がけると良いのですが、特に糖尿病の食事では気をつけて野菜を食べるようにする必要があります。

またその他の食品として、牛乳や果物は身体に良いイメージがありますが、カロリーは決して低い訳ではないので、たくさん摂取し過ぎないように注意しましょう。
カロリーの取り過ぎには要注意です。

最後に、菓子や酒類等の嗜好品ですが、健康の為には完全に摂取しないまたはほとんど摂取しない方が良いのですが、ついつい手が出てしまう方は、制限をして摂取しましょう。
多かれ少なかれ糖尿病の食事には我慢が必要です。

 
今回は糖尿病の食事について調べてみました。
個人に合った量を食べ方に注意して摂取する事が必要ですね。
また、野菜に含まれる食物繊維が糖尿病の食事には効果的に作用するようです。
糖尿病の食事には食べてはいけない食品がないので、家族と同じ食事を食べれるという事は料理をする方にとっては良い事ではないでしょうか?
野菜の料理を毎食作る事で家族全員が健康的になるかもしれませんね。