糖尿病の治療について

初期の糖尿病の症状は食欲が旺盛になるという症状がみられたり、のどが渇く、疲れやすい、身体がだるい等の色々な症状が出現する事があります。

また糖尿病を放置しておくと、目が見えなくなったり、透析が必要になったりする合併症を引き起こします。
従って早期治療が必要になりますが、糖尿病の治療にはどのような治療があるのでしょうか?

ここでは糖尿病の治療について調べてみました。

 
 
糖尿病の初期段階では食事療法と運動療法で治療を行いますが、効果がない場合薬物療法が必要になります。
糖尿病という診断を受けたら、糖尿病の食事療法や運動療法、その他糖尿病について勉強する為に入院する場合もあります。
糖尿病という事がわかったら、食事の量をお医者さんから指示を受け、各患者さん毎の日頃の生活強度に合った量に調節しなければいけません。必要な栄養素をすべて含んだ食事を適切な量だけ食べるようにしますが、特に食べてはいけないという食品はありません。

運動療法は、一人で行う事が出来る運動を毎日同じくらい行うと良いでしょう。
どこでもいつでも場所を選ばずに出来る運動がお勧めです。
運動は1日30分くらい、2回に分けても効果があります。
お勧めの運動はウォーキングです。ウォーキングは1回15分~20分くらいを毎日2回、1日1万歩を目指してみましょう。
食時をした後1~2時間以内に行うと食後の血糖上昇が抑えられ効果的です。
運動療法を毎日続ける事が難しい方は、2日に1度は行うようにしましょう。

薬物療法には、血糖降下薬の服用とインスリン注射があります。
血糖降下薬は血糖を低下させる為の飲み薬です。
インスリン注射はインスリンがほとんど分泌されない人やインスリンの分泌不足の人を対象として行われます。
これらの薬物療法は食事療法や運動療法を継続しても治療の効果が現れない際に行われる糖尿病の治療です。

糖尿病は放置しておくと悪化して重篤な合併症を引き起こしますが、適切な糖尿病の治療を継続すると不自由なく長生きする事が可能です。
お医者さんの適切な指導に従って、自分の血糖値を把握し上手に管理しながら生活する事が大切です。

 
 
今回は糖尿病の治療について調べてみましたが、いかがでしたか?
糖尿病の方の中にはインスリン注射をしている方がいらっしゃいますが、出来れば食事療法と運動療法で治療できるうちに糖尿病を発見して治療したいですね。
また、運動療法は糖尿病の治療にも効果がありますが、日頃からの適度な運動は健康な生活には不可欠なので、是非継続してみましょう。