糖尿病とは

糖尿病という言葉は誰でも一度は聞いた事があるのではないでしょうか?
またご自身や家族が糖尿病で悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

私の知り合いにも糖尿病の人がいるのですが、病院に入院してる時は病院の食事が糖尿病食なので他の患者さんと違っていたり、また自宅でも自分で糖尿病食を考えて作らなけらばいけないのでとても大変そうです。

今回は糖尿病について調べてみました。
糖尿病とはいったいどういう病気なのでしょうか?

 
糖代謝の異常が原因となり糖尿病になると考えられています。
血液中のブドウ糖濃度である血糖値が正常値より高くなると糖尿病になり、色々な特徴的な合併症を引き起こす恐ろしい症状です。
ある基準以上の高血糖になると、尿中にブドウ糖が漏出し尿が甘くなる事がある為糖尿病という名前が付けられています。

糖尿病はそれぞれの特徴によって数種類に分類されます。
代表的な1型糖尿病、2型糖尿病を始めとして他にも妊娠糖尿病や遺伝子異常、薬剤の作用、他の病気に起因するもの等があります。

●1型糖尿病
小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と呼ばれる事もある1型糖尿病は、膵臓のβ細胞(インスリンを作る細胞)が機能しなくなり、身体の中のインスリンの量が絶対的に少なくなることによって起こります。
1型糖尿病は子供に発症する症例が多くみられます。

●2型糖尿病
日本の糖尿病のほとんど(95%以上)は2型糖尿病です。2型糖尿病には肝臓や筋肉などの細胞がインスリンの作用に鈍感になり、インスリンがきちんと作用しなくなる為に、結果としてブドウ糖が取り入れられなくなって起こるものとインスリンの量が減少して起こるものがあります。2型糖尿病は多くの場合食事や運動などの生活習慣が原因となっています。

●その他の要因による糖尿病
遺伝子異常や他の病気が原因となって起こる糖尿病も存在し、このタイプの糖尿病では遺伝子の異常や感染症、免疫の異常、肝臓や膵臓の病気など他の病気が原因で糖尿病が引き起こされます。
また、薬剤が原因となる糖尿病もあります。
妊娠中に発見される糖尿病は妊娠糖尿病と呼ばれ、新生児の合併症につながる事が考えられるので充分注意が必要です。

 
 
今回は糖尿病について調べてみましたが、いかがでしょうか?
糖尿病には色々な種類がありますね。たいていは2型糖尿病です。
私の知り合いも2型糖尿病なので、食事療法をしていますが好きな物を制限しなければならないのでなかなか大変そうです。
また、妊娠糖尿病は新生児の合併症にもつながってしまうので、妊娠されている方は注意が必要ですね。