糖尿病の検査について

糖尿病の初期では食欲が旺盛になるという症状がみられたり、のどが渇く、疲れやすい、身体がだるい等の色々な症状が出現する事がありますが、すべての人にこれらの症状が現れる訳ではないので、糖尿病に気づかないまま放置してしまうという事もあります。
しかし、糖尿病は検査の時の血糖値によって診断する事ができます。
今回は糖尿病の検査について調べてみました。

 

 
糖尿病は多くの場合自覚症状がありません。
糖尿病の多くは健康診断で発見されます。
健康診断は空腹時に採血と採尿をして、血液検査と尿検査をします。
糖尿病はインスリン(膵臓で分泌される)の分泌される量が少なかったり、インスリンの作用が低下して、摂取した食べ物の糖分が適切に利用されず、血液中の糖分が過剰になる病気です。
したがって、糖尿病の特徴は血液中の糖分であるブドウ糖が基準値より高くなる事です。血液中のブドウ糖は血糖と呼ばれ、糖尿病の検査ではこの血糖がどのくらい基準値より高いかを見て診断します。

糖尿病の検査では、空腹時に採血と採尿をして血液検査と尿検査をします。

糖尿病の診断基準<血糖値(mg/dL)>
126 以上     : 糖尿病が強く疑われる。
110 以上~126 未満: 境界域:糖尿病が疑われる。
100 以上~110 未満: 正常域(正常高値):血糖値がやや高い。
100 未満     : 正常域:現在、糖尿病の心配はほとんどない。

自覚症状から糖尿病が思い当たる時や、血糖値の結果で糖尿病の可能性がある時は、ブドウ糖負荷試験という検査を受けます。
糖尿病は治療しないで放置していると、知らないうちに進行し多くの合併症を引き起こします。
従って、血糖値を定期的に検査し、糖尿病の状態を把握する必要があります。
糖尿病は血糖値を上手に管理し、適切な治療を継続すると健康な人と同じように不自由なく生活する事が出来ます。
お医者さんの適切な指導に従って、自分の血糖値を把握し上手に管理しながら生活しましょう。

 

 
今回は糖尿病の検査について調べてみましたが、いかがでしたか?
糖尿病は自覚症状がでない事もあるので、知らないうちに糖尿病になっている事もあるのですが、検査によって診断する事が出来ます。
糖尿病を放置しておくと合併症につながってしまいますので、定期的に検査を受け自分の血糖値を把握しておくと良いでしょう。
糖尿病の検査で糖尿病だと診断されたら、すぐに治療を始めて下さい。