糖尿病の合併症について

糖尿病には色々な症状があり、初期の段階では食欲が旺盛になるという症状がみられたり、のどが渇く、疲れやすい、身体がだるい等の症状が出現する事もあります。

けれど、糖尿病で一番深刻な問題は合併症にかかる事です。
糖尿病の合併症には目が見えなくなったり、透析を必要としたりと日常生活に支障をきたす疾患も存在します。

今回は糖尿病の合併症について調べてみました。

 
 
糖尿病には、糖尿病発糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などの特有の合併症が存在します。
糖尿病を放置していると10~15年くらいで合併症を引き起こします。

糖尿病になってから一番最初に発症する合併症は糖尿病神経障害です。
糖尿病由来の末梢神経障害ですが色々な足や手の症状が出現します。
例えば手足がしびれたり、痛み(怪我や火傷など)に鈍感になるといった症状が出現する事があります。
その他の自律神経障害の症状としては、筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、発汗異常、立ちくらみ、ED、インポテンツ等色々な症状が現れます。

また糖尿病網膜症は、目の網膜の血管が悪くなる事により視力が落ち、悪化すると失明する危険もあります。
そして、糖尿病網膜症患者の多くは白内障になると考えられています。

糖尿病腎症になると、腎臓の糸球体の毛細血管(尿を作る作用がある)が悪くなり、徐々に尿を作る事ができなくなってきます。
腎臓の機能が低下し尿を作れなくなるので、機械で血液をろ過して尿を作る人工透析を行なわなければなりません。
人口透析は病院で週に2~3回、透析を受けなければならないので、日常生活に大きく影響します。

糖尿病の合併症には、急性合併症と呼ばれる糖尿病性昏睡と急性感染症があります。
特にインスリン療法などの治療の進歩によって糖尿病性昏睡と急性感染症の発症とその後の経過は大幅に良くなっています。
けれど、現在では完全に克服されてはいないので、意識障害になり、多くの臓器障害を併発する可能性があります。

 

今回は糖尿病の合併症について調べてみましたが、いかがでしたか?
糖尿病の合併症には色々な疾患がある事がわかりましたね。
糖尿病網膜症で目が見えなくなったり、糖尿病腎症で腎臓の機能が低下して透析が必要になったりすると、今まで通りの生活を送る事が出来なくなってしまいます。

糖尿病は全ての人に初期症状が現れるわけではありませんので、少しでも気になったら検査を受けて、早期発見、早期治療につなげましょう。