偏頭痛の治療と対策について

偏頭痛は、名前のとおり頭の右か左のどちらか一方のこめかみから目のあたりが傷む事が多いとされています。
日本人では、約8パーセントが偏頭痛であるといわれ、たいてい10~20歳代で初めて発症し、その後たびたび頭痛を繰り返します。
強い痛みになると日常生活にも支障をきたす可能性があります。

今回は偏頭痛の治療と対策について調べてみました。偏頭痛の治療と対策をして、偏頭痛の改善を目指して下さい。

偏頭痛の治療と対策は、根本療法と対処療法に分かれます。
根本療法は原因を取り除く方法で、対処療法はとりあえず痛みを除く方法です。
偏頭痛は、ストレス、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの変化、アルコールや食品の摂取、気候変動、睡眠不足や寝過ぎ、体質遺伝等によって誘因されます。
偏頭痛は、脳の内部の血管が一度収縮した後に広がり、その血管が広がり過ぎた時に、広がった血管が周りの感覚神経を刺激したり、血管の周りに炎症が広がり、痛みが起こると考えられています。
血管壁にある神経や血管周囲の三叉神経、血液濃度の上昇や血管周囲に起こる炎症等が関係しています。

偏頭痛の治療と対策としては、薬を服用した後も含めて静かな暗い場所で横になって休むことが重要です
。音や光に対して過敏になっているため光や音の刺激を避けるようにしましょう。

偏頭痛の治療と対策では、一般的に偏頭痛の前兆発症時や頭痛が始まってすぐにエルゴタミン製剤を服用する事が有効です。
しかし、狭心症・心筋梗塞や高血圧の方、妊娠中・授乳中の女性も服用は禁忌となっています。対症療法としては薬によって頭痛を治める方法がありますが、根本的な治療にはなりません。

偏頭痛の治療と対策で、頭痛がした時に市販の薬を服用する方も多いと思いますが、偏頭痛で薬を使いすぎると返って悪くなることがあるようですから、やはり病院で診断を受けましょう。
病院を選ぶ際は、良く話を聞いてくれる医師がいる病院を選びましょう。偏頭痛になった際薬の服用と安静にする事でその場をしのいでいる方は、一度病院で診察を受ける事をお勧めします。

偏頭痛の治療と対策として、頭痛予防治療といわれる頭痛を出にくくする治療薬があります。
偏頭痛の治療と対策の頭痛予防薬として使われるものにはカルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンがあります。
他にも偏頭痛の予防効果が認められている薬は、抗うつ薬、バルプロ酸、βアドレナリン遮断薬等がありますが、カルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンは日本の保険対象になっています。
偏頭痛の治療と対策で従来の偏頭痛の頭痛抑制治療は対処療法に分類され、頭痛予防治療は根本療法に分類されます。
たいてい、頭痛抑制治療から開始し、頭痛の頻度が高い場合や、頭痛の症状が強い場合に、頭痛予防治療を行います。

偏頭痛の治療と対策で、治療法の中心は薬物療法と言われています。
薬物以外の治療法(物理療法、食事療法等)では、補助的な効果はみられますが、その効果は薬物療法を上回りません。

今回は、偏頭痛の治療と対策について調べてみましたがいかがでしたか?
偏頭痛はいったん治まると痛みは全くなくなり、ふだんは何の症状もないので偏頭痛の症状が発症した際に市販の薬で痛みを和らげやりすごしている方も多いと思います。
けれど、市販の薬ではコントロールしきれない程痛みが酷く頻回になり日常生活に支障を来たしてしまう時は、一度病院で診察を受けるべきです。

偏頭痛の種類と原因及び症状について

頭痛には、様々な種類があります。
主な頭痛には、偏頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛があります。

偏頭痛は頭の右か左一方に強い痛みがある頭痛です。
群発頭痛は頭痛の中でも一番酷いと言われています。
緊張型頭痛はストレスによってなりやすいと考えられています。

今回は、これらの頭痛のなかの偏頭痛の原因と症状について調べてみました。偏頭痛の原因と症状にはどのような特徴があるのでしょうか?

偏頭痛における原因として、ストレスやホルモン、食べ物等が挙げられています。
偏頭痛の原因と症状で全体の症状を説明すると、まず原因としては頭の血管が拡張する際に感覚器官を刺激する為と血管の炎症により起こった頭痛が脳の中秋まで達して発生する為と考えられています。

次に偏頭痛の原因と対策の症状としては、症状は、頭の右か左一方に強い痛みがみられ、拍動性であることが多く、ひどくなると強い頭痛で吐き気や嘔吐を伴います。
偏頭痛は強い痛みが頭の右か左一方にがある頭痛なので、日常生活が妨げられる事もあります。
偏頭痛は、更年期障害、月経前緊張症候群等でみられる症状で、女性に多く見られます。

●偏頭痛の種類による偏頭痛の原因と症状の分類

<普通型偏頭痛の原因と症状>
頭痛が発生してから頭痛が長く続き、1日中続くこともあります。心臓の拍動と同期する頭痛で、多くは緊張型頭痛を合併します。中年女性に多く特徴的な前触れはみられません。

<典型的偏頭痛の原因と症状>
目の前にフラッシュのような光が見えて、時間とともに大きくなり光の中心部が見えにくくなったり、光の半分が見えなくなったりという閃輝暗点を生じる事が多いのですが1分くらいで消失します。その後に拍動性(心拍と一致する)の頭痛が始まり、1時間くらいで最ピークに達し数時間で消失します。

<月経時偏頭痛の原因と症状>
月経時偏頭痛は、他の偏頭痛とは異なり原因がはっきり解っています。女性ホルモンの分泌量の変化により発症します。食べ物(アルコールやチョコレート、チーズ等)を摂取した後に偏頭痛が起こることもありますが、食べ物が偏頭痛の原因と症状を引き起こす原因とは、考えられていません。むしろ他の要因を誘発するのではないかと考えられています。

<群発性偏頭痛の原因と症状>
群発性頭痛は1時間程で改善しますが、頭痛の発生した側の眼の粘膜が赤くなり、涙・鼻水が出ます。片目がえぐられるような痛みだと言われています。女性より男性(20~30歳)に多く、多くは明け方に発生します。

偏頭痛の主な症状をまとめると、月に1~2回程度から、週に1~2回発症し、脈打つような強い痛みが続きます。
症状は1~2時間でピークに達しその後消失しますが、あまりの痛みに動くこともできなくなる程と言われています。
発症している時は、頭を少し傾けたり、少し動いたりするだけで痛みが強くなります。音や光に敏感になりますので、明るい場所や、周りがうるさい場所にいると痛みが増してしまいます。

今回は、頭痛の中の偏頭痛の原因と症状について調べてみました。
私の周りにも偏頭痛に悩まされている人がいて、頭痛がするとかなり強い効果のある薬を飲んだり、またいつも持ち歩いたりしていました。
私自身は軽度の頭痛にしかなった事がないので、大変だなあという印象しかありませんでしたが、今回偏頭痛の原因と症状を調べてみて、偏頭痛には色々な種類があり色々な症状があり酷くなると日常生活に支障をきたす事もあるのだという事がわかりました。