高血圧の症状の特徴について

高血圧を放置したままにすると、成人病などの重篤な病気につながってしまうので、高血圧と診断されたら高血圧を治療する生活習慣を心がける必要があります。

それでは具体的には高血圧の症状はどのように起こり、成人病を引き起こすのでしょうか?
高血圧の症状にはどのような特徴があるのでしょうか?今回は高血圧の症状について調べてみました。

 

 
生活習慣病と呼ばれている病気には糖尿病、高脂血症、高血圧や肥満など色々あります。
けれどこれらの生活習慣病は自覚症状が存在せず、どれも普段の生活では気づく事が難しい症状です。
その為、本人が生活習慣病になっていると自覚した時には病気が進行していて、治療が難しくなっている事もあります。
けれど、最近では自動で測定できる血圧計が販売されていたり、健康診断でも必ず血圧の測定が行われるので、自分が高血圧かどうかを検査する事は比較的簡単にできます。
高血圧は生活習慣病の指標となるので、日頃から自分の血圧の数値に気をつけると良いでしょう。

高血圧は安静時の血圧が正常範囲を超えている場合(血管収縮期の数値が140以上、拡張期の数値が90以上)と定義されています。
しかし、自覚症状が出にくいので、血圧を測定しない限りは高血圧の状態になっていても自覚する事が出来ません。
自覚しないまま高血圧の状態が放置されていると色々な合併症を引き起こします。
このような事から長期にわたって高血圧状態が放置された後に、症状が発現し色々な病気を合併すると考えられています。

病気の症状が発現した後に高血圧症という事を自覚しても、治療をするには既に遅い事が少なくなく、高血圧症による動脈硬化は脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞等を引き起こします。
脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞等では後遺症が残る事が多いので、普段の生活すらままならなくなります。
そして、最悪の場合発作が起こった時に死に至る事も考えられます。

高血圧状態になっていても自覚症状が出にくいので、血圧を測定しない限りは自覚する事が出来ません。
しかし、突然色々な重篤な合併症が発現します。合併症が発現しないように高血圧予防を心がけましょう。
健康診断や血圧を測定した時に値が少し高めだという事がわかったら、自覚症状が無くても高血圧状態を放置せず、食事では塩分控えめのバランスの良いメニューを心がけ、ウォーキングやジョギングなど適度な運動を行い高血圧状態を予防しましょう。
 

 
今回は高血圧の症状について調べてみましたが、いかがでしたか?
血圧は少し高めだなという段階では、合併症が発症しているわけではないので、特に問題はないと思われがちです。
けれど、高血圧の状態を放置しておくと脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞等の後遺症が残るような病気が突然発現するのでこれらの病気を引き起こさない為に、少し血圧が高めかなという段階で高血圧予防を心がける必要があります。