高血圧予防に適した食品

高血圧を放っておくと、成人病(動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など)につながってしまうので、高血圧と診断されたら高血圧を酷くしないように気をつける必要があります。

高血圧の予防方法には食事療法と運動療法がありますが高血圧予防では特に食事療法が効果的です。
今回は高血圧の食事に用いられる食品について調べてみました。
高血圧予防にはどのような食品が適しているのでしょうか?

 
 
高血圧は自覚症状が出にくいので、血圧を測定しない限りは高血圧の状態になっていても自覚する事が出来ません。
自覚しないまま高血圧の状態が放置されていると色々な合併症を引き起こすので注意が必要です。
最近では食べ物が豊富にあり、自分が食べたい物を食べたい時に食べれるようになりました。
その為、老人だけでなく若者にも高血圧が増加しています。

食生活は高血圧の主な原因と言われています。
塩分を過剰摂取しすぎると高血圧を引き起こす事があるので充分に注意しなければいけません。それでは高血圧を予防するにはどのような食事が良いのでしょうか?

塩分を控えめにした食事が高血圧の予防には効果的です。
また食品の中には血圧を低下させる作用を持っている食品があります。
高血圧は塩分の過剰摂取により血中のナトリウム濃度が増加する事が主な原因として考えられています。
この事から、血圧を低下させる働きのある食品とは、血中のナトリウムを取り除く物質が多く含まれている食品だと考えられます。
カリウムは血中のナトリウムを取り除く作用があるので、高血圧の予防に効果があります。
カリウムにはナトリウムを体外へ排出する作用があり、同時に血圧を低下させる作用もあるので、高血圧予防に効果的な物質です。

カリウムが多く含まれている食品には、アボガドや納豆、バナナやイモ類等があります。アボガドには1個あたり約1000mgのカリウムが含まれ、納豆には300mgのカリウムが含まれています。

最近では高血圧予防に役立つ色々な健康食品やサプリメントが販売されているので、高血圧の人は手軽にカリウムを摂取する事が可能です。
高血圧は放置しておくと成人病などの重篤な病気の原因になります。
毎日の食生活を見なおして高血圧の予防を心がけましょう。

 
 
今回は高血圧予防に効果のある食品について調べてみましたが、いかがでしたか?
アボガドや納豆、バナナやイモ類などの高血圧予防に効果のある食品がわかると、高血圧予防の為の食事が考えやすくなりますね。
また、食事療法にプラスして手軽に利用できるサプリメントや健康食品などを上手に活用してみてはいかがでしょうか?