糖尿病の合併症について

糖尿病には色々な症状があり、初期の段階では食欲が旺盛になるという症状がみられたり、のどが渇く、疲れやすい、身体がだるい等の症状が出現する事もあります。

けれど、糖尿病で一番深刻な問題は合併症にかかる事です。
糖尿病の合併症には目が見えなくなったり、透析を必要としたりと日常生活に支障をきたす疾患も存在します。

今回は糖尿病の合併症について調べてみました。

 
 
糖尿病には、糖尿病発糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症などの特有の合併症が存在します。
糖尿病を放置していると10~15年くらいで合併症を引き起こします。

糖尿病になってから一番最初に発症する合併症は糖尿病神経障害です。
糖尿病由来の末梢神経障害ですが色々な足や手の症状が出現します。
例えば手足がしびれたり、痛み(怪我や火傷など)に鈍感になるといった症状が出現する事があります。
その他の自律神経障害の症状としては、筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、発汗異常、立ちくらみ、ED、インポテンツ等色々な症状が現れます。

また糖尿病網膜症は、目の網膜の血管が悪くなる事により視力が落ち、悪化すると失明する危険もあります。
そして、糖尿病網膜症患者の多くは白内障になると考えられています。

糖尿病腎症になると、腎臓の糸球体の毛細血管(尿を作る作用がある)が悪くなり、徐々に尿を作る事ができなくなってきます。
腎臓の機能が低下し尿を作れなくなるので、機械で血液をろ過して尿を作る人工透析を行なわなければなりません。
人口透析は病院で週に2~3回、透析を受けなければならないので、日常生活に大きく影響します。

糖尿病の合併症には、急性合併症と呼ばれる糖尿病性昏睡と急性感染症があります。
特にインスリン療法などの治療の進歩によって糖尿病性昏睡と急性感染症の発症とその後の経過は大幅に良くなっています。
けれど、現在では完全に克服されてはいないので、意識障害になり、多くの臓器障害を併発する可能性があります。

 

今回は糖尿病の合併症について調べてみましたが、いかがでしたか?
糖尿病の合併症には色々な疾患がある事がわかりましたね。
糖尿病網膜症で目が見えなくなったり、糖尿病腎症で腎臓の機能が低下して透析が必要になったりすると、今まで通りの生活を送る事が出来なくなってしまいます。

糖尿病は全ての人に初期症状が現れるわけではありませんので、少しでも気になったら検査を受けて、早期発見、早期治療につなげましょう。

糖尿病の治療について

初期の糖尿病の症状は食欲が旺盛になるという症状がみられたり、のどが渇く、疲れやすい、身体がだるい等の色々な症状が出現する事があります。

また糖尿病を放置しておくと、目が見えなくなったり、透析が必要になったりする合併症を引き起こします。
従って早期治療が必要になりますが、糖尿病の治療にはどのような治療があるのでしょうか?

ここでは糖尿病の治療について調べてみました。

 
 
糖尿病の初期段階では食事療法と運動療法で治療を行いますが、効果がない場合薬物療法が必要になります。
糖尿病という診断を受けたら、糖尿病の食事療法や運動療法、その他糖尿病について勉強する為に入院する場合もあります。
糖尿病という事がわかったら、食事の量をお医者さんから指示を受け、各患者さん毎の日頃の生活強度に合った量に調節しなければいけません。必要な栄養素をすべて含んだ食事を適切な量だけ食べるようにしますが、特に食べてはいけないという食品はありません。

運動療法は、一人で行う事が出来る運動を毎日同じくらい行うと良いでしょう。
どこでもいつでも場所を選ばずに出来る運動がお勧めです。
運動は1日30分くらい、2回に分けても効果があります。
お勧めの運動はウォーキングです。ウォーキングは1回15分~20分くらいを毎日2回、1日1万歩を目指してみましょう。
食時をした後1~2時間以内に行うと食後の血糖上昇が抑えられ効果的です。
運動療法を毎日続ける事が難しい方は、2日に1度は行うようにしましょう。

薬物療法には、血糖降下薬の服用とインスリン注射があります。
血糖降下薬は血糖を低下させる為の飲み薬です。
インスリン注射はインスリンがほとんど分泌されない人やインスリンの分泌不足の人を対象として行われます。
これらの薬物療法は食事療法や運動療法を継続しても治療の効果が現れない際に行われる糖尿病の治療です。

糖尿病は放置しておくと悪化して重篤な合併症を引き起こしますが、適切な糖尿病の治療を継続すると不自由なく長生きする事が可能です。
お医者さんの適切な指導に従って、自分の血糖値を把握し上手に管理しながら生活する事が大切です。

 
 
今回は糖尿病の治療について調べてみましたが、いかがでしたか?
糖尿病の方の中にはインスリン注射をしている方がいらっしゃいますが、出来れば食事療法と運動療法で治療できるうちに糖尿病を発見して治療したいですね。
また、運動療法は糖尿病の治療にも効果がありますが、日頃からの適度な運動は健康な生活には不可欠なので、是非継続してみましょう。

糖尿病食について

糖尿病という病気から皆さんは何をイメージしますか?
私は糖尿病の知り合いが病院に入院していた時、大部屋で入院していたので食事の時に他の患者さんとメニューが違っていてがっかりしていた事を思い出します。

糖尿病だと診断されると食事療法をする必要があり、糖尿病食を食べなければいけません。
それでは、糖尿病食とはどのような食事でしょうか?
ここでは糖尿病食について調べてみました。

 
 
糖尿病になってしまったら、食事療法をする必要があります。
糖尿病の食事療法はそれぞれの患者さんの日頃の生活強度に合わせて食事を考えなければいけません。
特に食べてはいけない食品はありませんが、それぞれの患者さんの生活強度にあったエネルギーの食事を、必要な栄養素をすべて含むように摂取する必要があります。

食事療法と聞くと好きなものが食べられず辛い印象があると思いますが、自分の摂取エネルギーに合わせて、必要な栄養素が取れるように料理を選択したり、食事量を調節して食べる事によって家族と同じ食事をする事が可能です。
1日の摂取エネルギーの目安は、「総エネルギー量=標準体重×仕事別消費カロリー」となりますが、糖尿病の方は専門家の指示に従いましょう。

エネルギー量の計算は、一般的には80kcalを1単位として計算します。
糖尿病食に限らず栄養士さんが献立を考える時は80kcalを1単位として計算しています。
糖尿病の食事療法をする為の本も出版されているので参考にする事が出来ます。

さらに、冷凍食品の会社では糖尿病食を製造し販売している会社もあります。「糖尿病食 21食セット」はニチレイフーズから発売され、糖尿病の特別用途食品として厚生労働省に認可されています。
全21食の糖尿病食(肉じゃが・おでん・白身魚の煮付け・豚肉のしょうが煮・チキンカレーセット・いか団子のあんかけ等)のセットが販売されています。
1食毎にエネルギーや栄養がきちんと計算されています。レトルト食品なので手軽に食べる事ができ、美味しくて健康的なウェルネスメニューです。

糖尿病食として販売されているメニューには他にもいくつかのメニューがあります。
毎日糖尿病食の献立を考え、料理する事は大変ですので、手軽に利用できる商品を上手に活用して無理をしないで美味しい食事療法を継続しましょう。

 

 
今回は糖尿病患者の方が食べる糖尿病食について調べてみましたが、いかがでしたか?
私は糖尿病の方が病院からもらった食事療法についての冊子をみせてもらった事があります。
その冊子は看護士の学生さんが手書きで作成したものですが、食事療法についてその患者さんに合わせてとても詳しく書いてありました。

食事療法の方法がわかっても実践する事は大変だと思いますが、糖尿病患者さんの為に作られた冷凍食品やレトルト食品を上手に活用すると、食事療法の負担が減るのではないでしょうか?

糖尿病の食事について

糖尿病という病気から皆さんは何をイメージしますか?
私は糖尿病の知り合いがいるので、病院の先生や看護士さんに食事療法について指導されたり、入院している時は他の患者さんとは違う糖尿病の食事を食べていたりと、糖尿病になると食事を制限しなければいけないのだという印象を持っています。

さて実際には糖尿病になったらどのような食事をしたら良いのでしょうか?
ここでは糖尿病の食事について調べてみました。

 
糖尿病である事がわかったら、各個人毎の日頃の生活強度に合った食事をしなければいけません。
けれど、糖尿病の食事では特に食べてはいけないという食品はありません。
特別に糖尿病の食事を作る必要はなく、家族と同じ食事を量と食べ方に注意して食べると良いでしょう。
自分の生活強度に合った分量を食べるという事が大切です。

糖尿病の食事は、1日3食、多くも少なくもない自分に合った量を食べる事が重要です。
3食の食事の量は偏らないように、3食とも同じくらいの量を適量摂取しましょう。
大食いやまとめ食いやは、急激に多くのインスリンを必要とし、結果として膵臓に負担をかける事になります。
また、魚、肉、卵、豆腐などの副食は、毎食工夫して種類を変えて1食1皿にしましょう。おかずの量に注意する事も大切なのです。

野菜の食べ方にも注意が必要です。
糖尿病の食事に限った事ではありませんが、野菜は毎食食べましょう。
生の野菜なら両手に1杯くらい、調理して火を通した野菜なら片手に1杯くらいの量を目安にして毎食摂取しましょう。
野菜に含まれる食物繊維は、食後の急激な血糖値の上昇を抑える働きをもっています。
野菜の摂取は常に普段から心がけると良いのですが、特に糖尿病の食事では気をつけて野菜を食べるようにする必要があります。

またその他の食品として、牛乳や果物は身体に良いイメージがありますが、カロリーは決して低い訳ではないので、たくさん摂取し過ぎないように注意しましょう。
カロリーの取り過ぎには要注意です。

最後に、菓子や酒類等の嗜好品ですが、健康の為には完全に摂取しないまたはほとんど摂取しない方が良いのですが、ついつい手が出てしまう方は、制限をして摂取しましょう。
多かれ少なかれ糖尿病の食事には我慢が必要です。

 
今回は糖尿病の食事について調べてみました。
個人に合った量を食べ方に注意して摂取する事が必要ですね。
また、野菜に含まれる食物繊維が糖尿病の食事には効果的に作用するようです。
糖尿病の食事には食べてはいけない食品がないので、家族と同じ食事を食べれるという事は料理をする方にとっては良い事ではないでしょうか?
野菜の料理を毎食作る事で家族全員が健康的になるかもしれませんね。

糖尿病の検査について

糖尿病の初期では食欲が旺盛になるという症状がみられたり、のどが渇く、疲れやすい、身体がだるい等の色々な症状が出現する事がありますが、すべての人にこれらの症状が現れる訳ではないので、糖尿病に気づかないまま放置してしまうという事もあります。
しかし、糖尿病は検査の時の血糖値によって診断する事ができます。
今回は糖尿病の検査について調べてみました。

 

 
糖尿病は多くの場合自覚症状がありません。
糖尿病の多くは健康診断で発見されます。
健康診断は空腹時に採血と採尿をして、血液検査と尿検査をします。
糖尿病はインスリン(膵臓で分泌される)の分泌される量が少なかったり、インスリンの作用が低下して、摂取した食べ物の糖分が適切に利用されず、血液中の糖分が過剰になる病気です。
したがって、糖尿病の特徴は血液中の糖分であるブドウ糖が基準値より高くなる事です。血液中のブドウ糖は血糖と呼ばれ、糖尿病の検査ではこの血糖がどのくらい基準値より高いかを見て診断します。

糖尿病の検査では、空腹時に採血と採尿をして血液検査と尿検査をします。

糖尿病の診断基準<血糖値(mg/dL)>
126 以上     : 糖尿病が強く疑われる。
110 以上~126 未満: 境界域:糖尿病が疑われる。
100 以上~110 未満: 正常域(正常高値):血糖値がやや高い。
100 未満     : 正常域:現在、糖尿病の心配はほとんどない。

自覚症状から糖尿病が思い当たる時や、血糖値の結果で糖尿病の可能性がある時は、ブドウ糖負荷試験という検査を受けます。
糖尿病は治療しないで放置していると、知らないうちに進行し多くの合併症を引き起こします。
従って、血糖値を定期的に検査し、糖尿病の状態を把握する必要があります。
糖尿病は血糖値を上手に管理し、適切な治療を継続すると健康な人と同じように不自由なく生活する事が出来ます。
お医者さんの適切な指導に従って、自分の血糖値を把握し上手に管理しながら生活しましょう。

 

 
今回は糖尿病の検査について調べてみましたが、いかがでしたか?
糖尿病は自覚症状がでない事もあるので、知らないうちに糖尿病になっている事もあるのですが、検査によって診断する事が出来ます。
糖尿病を放置しておくと合併症につながってしまいますので、定期的に検査を受け自分の血糖値を把握しておくと良いでしょう。
糖尿病の検査で糖尿病だと診断されたら、すぐに治療を始めて下さい。

糖尿病の症状について

糖尿病という病気は、自分や自分の家族が糖尿病になっていたり、知り合いで糖尿病の患者さんがいたりと皆さんにとってわりと身近な病気ではないでしょうか?

糖尿病と聞いてもなんとなく”尿に糖が漏出する”のかなと推測する事は出来ますが、糖尿病の症状にはどのようなものがあるのかご存知でしょうか?

今回は糖尿病の症状について調べてみました。

 
 
初期の糖尿病では、一時的にインスリンが過剰に分泌される時期があり、異常な食欲がわいてきます。
食欲が旺盛でいくらでも食べられるという状態になります。
けれど、すべての糖尿病の方に異常な食欲が出たり、のどが渇くというような症状が必ずみられるという訳ではありません。
初期の糖尿病は無症状という人の方がむしろ多いのです。
初期症状が無い事が多い為、病院で思いがけず糖尿病と言われて驚く人もいます。
重度の糖尿病でも、自覚症状がない人は糖尿病になっている事にも気づいていないという事もありえます。

代表的な糖尿病の症状は、”のどが渇く”という事です。
糖尿病では、インスリン(血液中の糖濃度を下げる作用を持つホルモン)の分泌が足りないまたは各組織の細胞に効果的に作用しなくなっている為、血液中の糖濃度が下がらず常に高濃度になっています。
従って、身体は、糖濃度を下げようとして大量の水を取り入れようとするのです。

たくさんの水分を摂取すると大量の尿が出るという結果になります。
血糖値が下がらなければ、水分をどんなに摂取しても尿として出る一方です。尿中には糖だけでなく、細胞や筋肉の働きと深い関係のあるミネラルなども尿中に出てしまうので疲れやすく、身体がだるいといった症状が出てきます。

糖尿病の症状は、糖尿病になってから5~7年ぐらい経ってから色々な症状が出現すると言われています。
異常な食欲が出たり、のどが渇くというような症状に思いあたることがあるならば、自分は糖尿病ではないかと注意してみましょう。

 
 
今回は糖尿病の症状について調べてみましたが、いかがでしたか?
糖尿病は初期の段階から食欲が旺盛になるという症状がみられたり、のどが渇く、疲れやすい、身体がだるい等の色々な症状が出現する事がわかりました。
しかし、すべての方に症状が発現するわけではないようですので、早期発見、早期治療を心がけましょう。

糖尿病とは

糖尿病という言葉は誰でも一度は聞いた事があるのではないでしょうか?
またご自身や家族が糖尿病で悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか?

私の知り合いにも糖尿病の人がいるのですが、病院に入院してる時は病院の食事が糖尿病食なので他の患者さんと違っていたり、また自宅でも自分で糖尿病食を考えて作らなけらばいけないのでとても大変そうです。

今回は糖尿病について調べてみました。
糖尿病とはいったいどういう病気なのでしょうか?

 
糖代謝の異常が原因となり糖尿病になると考えられています。
血液中のブドウ糖濃度である血糖値が正常値より高くなると糖尿病になり、色々な特徴的な合併症を引き起こす恐ろしい症状です。
ある基準以上の高血糖になると、尿中にブドウ糖が漏出し尿が甘くなる事がある為糖尿病という名前が付けられています。

糖尿病はそれぞれの特徴によって数種類に分類されます。
代表的な1型糖尿病、2型糖尿病を始めとして他にも妊娠糖尿病や遺伝子異常、薬剤の作用、他の病気に起因するもの等があります。

●1型糖尿病
小児糖尿病やインスリン依存型糖尿病と呼ばれる事もある1型糖尿病は、膵臓のβ細胞(インスリンを作る細胞)が機能しなくなり、身体の中のインスリンの量が絶対的に少なくなることによって起こります。
1型糖尿病は子供に発症する症例が多くみられます。

●2型糖尿病
日本の糖尿病のほとんど(95%以上)は2型糖尿病です。2型糖尿病には肝臓や筋肉などの細胞がインスリンの作用に鈍感になり、インスリンがきちんと作用しなくなる為に、結果としてブドウ糖が取り入れられなくなって起こるものとインスリンの量が減少して起こるものがあります。2型糖尿病は多くの場合食事や運動などの生活習慣が原因となっています。

●その他の要因による糖尿病
遺伝子異常や他の病気が原因となって起こる糖尿病も存在し、このタイプの糖尿病では遺伝子の異常や感染症、免疫の異常、肝臓や膵臓の病気など他の病気が原因で糖尿病が引き起こされます。
また、薬剤が原因となる糖尿病もあります。
妊娠中に発見される糖尿病は妊娠糖尿病と呼ばれ、新生児の合併症につながる事が考えられるので充分注意が必要です。

 
 
今回は糖尿病について調べてみましたが、いかがでしょうか?
糖尿病には色々な種類がありますね。たいていは2型糖尿病です。
私の知り合いも2型糖尿病なので、食事療法をしていますが好きな物を制限しなければならないのでなかなか大変そうです。
また、妊娠糖尿病は新生児の合併症にもつながってしまうので、妊娠されている方は注意が必要ですね。