成人病の食事療法レシピ

成人病の食事療法には、摂取エネルギーを適切に取る事、バランスの良い食事をする事、食事の時間を決める事、脂質の取り過ぎに気をつける事等が大切です。
また、成人病のなかでも糖尿病の食事療法には食品交換表というものがあり、きちんと食事療法をしなければいけません。

成人病の為の食事療法レシピはどうしたら良いのでしょうか?
摂取する食品がわかっていても調理方法がわからなければ、摂取する事はできませんね。
今回は成人病のレシピについて調べてみました。

まず、さまざまな食材について知ることが成人病のレシピを考えるうえで必要になってきます。
食品ごとのカロリーは当然ですが、ビタミン類等、各栄養素の含有量そして、調理方法による栄養摂取率の変化等を知ることも大切です。
調理方法が違うと同じ食材でも、仕上がりのカロリーや栄養が変わってきます。
食物繊維の上手な摂取法や、味付けを工夫して塩分をいかに減らすか考えたり、油脂の摂取量等が成人病のレシピを考えるうえで重要です。

しかし、成人病のレシピを自分で考える事ができるでしょうか?
毎日の事ですから、食品の調理方法まで考えていたらいらいらして、むしろ体に悪そうです。
成人病レシピを考えている人の為にさまざまな成人病別にレシピが考えられた料理本が発売されています。
書店に足を運んで、自分が気にいった料理本を購入すると良いでしょう。
成人病のレシピ本を利用して食事を作っているうちに、自分なりの料理法が定着していき、自分でレシピが考えられるようになります。

またインターネット上には成人病に関する情報がたくさんあるので、インターネットで調べてみる事もお勧めします。
エネルギーや調理方法等を詳しく考えられている成人病のレシピが紹介されています。
手軽で便利ですので、一度調べてみて下さい。
成人病予防に役立つ食材(牛肉・豚肉・鶏肉、魚貝類、野菜、果物、調味料等)の選び方や、調理法の工夫の仕方(カロリーオフ調理法、ダイエット食品の活用法、体脂肪が燃焼する食べ方、体重が減る食べ方等)、栄養素(たんぱく質、アミノ酸、脂質・脂肪酸、炭水化物、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維等)の働きも調べる事が出来ます。

いろいろな情報が出ていますが、例えば”武田薬品工業のホームページ”には、食事療法がわかりやすく説明され、お勧めの献立も調べる事ができます。
他にも健康管理に役立つ事が紹介されています。

今回は成人病のレシピについて調べてみましたが、いかがでしたか?
成人病になってしまったら食事療法が大切ですが、食材のカロリーや栄養価、特徴そして調理方法と、考えなければならない事がたくさんあります。
また、食材を集めたり作ったりという事を考えるととても大変です。
成人病のレシピ本やインターネット等を上手に活用して下さい。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

成人病予防のための食事療法

成人病には、食生活、喫煙、飲酒、ストレスが影響している事がわかりました。
このなかでも食生活は特に成人病と大きく関係しています。

成人病の予防では食生活の改善が大切ですが、成人病になってしまったら、今度は成人病の食事療法をしなければいけません。成人病の食事療法にはどのようなものがあり、どのように進めていくのでしょうか?

成人病の食事療法でよく知られているのは糖尿病の食事療法です。
糖尿病の食事療法では過剰にエネルギーを摂取しない事が大切です。
エネルギーをとり過ぎると体に悪影響を与え、病気が悪化してしまいます。
糖尿病では、絶対に食べてはいけないというような食材はありません。
栄養バランスの良い食事をエネルギーを取り過ぎる事なく、きちんと食べる事が大切です。
”糖尿病食事療法のための食品交換表”という物があるので、活用して適切な食事療法に努めましょう。

食品交換表というのは、一日に摂取する食物エネルギーを6つの食品群に分類し、1単位を80カロリーとして1日のカロリー計算をして食事をする方法です。
例えば、一日に1400カロリーを摂取するとすると、18単位(18×80カロリー:1単位のカロリー)を摂取する事になります。
食品群は6つに分けられ摂取する割合が、バランス良く摂取する為に決められています。

また、成人病だけでなく健康の為に、食事の時間を決めましょう。
食事の時間が不規則だと血糖値のコントロールが難しくなります。
成人病の食事療法において動脈硬化の予防には、脂質の取り方に気をつける必要があります。
最近では、日本人の食生活は洋食が多くなりがちです。
しかし昔から日本で食べられている魚や豆腐、野菜、アルカリ性食品等を多く使用した献立を心がける事は成人病予防になり、食事療法にもつながります。

成人病の食事療法には、いい加減な食生活ではなく、適切に考えられた食事が必要とされます。
たとえば脂肪について考えてみましょう。
脂肪の成分には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸はコレステロールを増やす働きをし、逆に不飽和脂肪酸はコレステロールを減らす働きをします。
飽和脂肪酸は動物性の脂に多く含まれ、不飽和脂肪酸は植物性の油や魚の脂に多く含まれます。
食事療法は、このような食品について具体的な事を知った上で、進めていく必要があります。

ここでは、成人病の食事療法について調べてみましたが、いかがでしたか?
成人病になってしまったら、適切な食事療法をする必要がありますね。
病院に入院している時はそれぞれの病気に合った献立が考えられていますが、家庭で食事療法をするとなったら、難しいし面倒です。
難しいし面倒だからといって、命がかかっているのでしない訳にもいきません。
できるだけ成人病にならないように日頃の食生活や生活スタイルを見直してみましょう。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

成人病予防の対策とポイント

成人病は生活習慣病とも呼ばれるように生活習慣が大きく関わっている病気です。
もちろん生活習慣に気をつければ絶対に生活習慣病にはならないという訳ではありませんが、日頃からの食生活、喫煙、飲酒、生活スタイル等によって成人病予防に心がけましょう。

ここでは、成人病予防には具体的にどのような対策があるのかを調べてみました。

●食生活に気をつける
食生活に気をつける事が、成人病予防では大切です。当然ですが、食べ物は人間のエネルギーの源です。
直接食べたり飲んだりする物は大きく人の健康や成人病に関わっています。

食生活を考えると、昔より炭水化物の摂取量が減少し、反対に動物性食品やスナック菓子、甘いドリンクの消費量が増えています。
また塩分の取り過ぎや野菜の摂取不足等の問題もあります。
このような食生活は食の欧米化によって変化してきたのだと思われます。
このような食生活の問題点の改善について考えてみましょう。

最近の疾病のなかには日本人の食生活が欧米化した事が関係していると思われる疾病も増えてきています。
食生活の欧米化が成人病に大きく関係しているというのなら、和食は成人病予防に効果的な食事ではないでしょうか?

和食は、洋食に比べると、油の使用量が少なく、主に、魚から蛋白質の摂取をする事になます。
また洋食の献立と和食の献立では和食の方が野菜を用いる事が多く、利用する食品の数も多くなる傾向があります。
これらのことから、和食は成人病予防に有効な食事といえます。

成人病予防にとっては、毎日の食生活はとても大切な事です。
毎日の食生活を改善したからといって、すぐに効果がでる事はありませんが、長い目でみると食生活は、成人病予防に大きく関係してきます。

●タバコは辞めるのがベスト
次に成人病予防にとって大きく関係しているのは喫煙です。
これは、タバコを吸っている人だけでなく周りの人にも、大きな被害を与える事になるので、できればやめましょう。
最近では分煙化が徹底され、公共の場や乗り物では前面禁煙となっています。
成人病予防や健康を考えると、禁煙は必然的な事だといえます。

●お酒は飲みすぎない
アルコールの摂取については、飲みすぎは良くないですが、適度な飲酒はストレス解消にもなり健康につながる事もあります。

●ストレスも要因になる
また成人病予防において、大きく関係している要因にはストレスがあります。
成人病予防にはストレスを受けにくい生活をし上手に発散する事が大事です。
ストレスは、身体に多大な影響を及ぼします。
今日では、ストレスを感じない生活を送るのは難しいので、なるべくストレスを減らし、上手に発散させる方法を考えて成人病予防に努めましょう。

今回は成人病予防について調べてみましたがいかがでしたか?
私も最近、洋食を減らして和食を増やすようにしています。
特に強く生活習慣病を意識してという訳ではありませんが、カロリーの低い、野菜を使用した身体によい献立を考えた結果和食が多くなりました。
今回生活習慣病にも効果がある事がわかったので、これからも続けていきたいと思います。

とはいっても、一人暮らしの方や共働きの方は忙しくなかなか実行できないという方もいらっしゃると思います。
忙しいのに無理に野菜の多い和食を頑張って作ろうとするとかえってストレスになるかもしれませんので、外食した時になるべく野菜が多く身体に良さそうな献立を選んだり、出来合いの惣菜には野菜をプラスして食べたりと、手軽にできる食生活の改善をしてみたらいかがでしょうか?

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

三大成人病とはどのような病気のこと?

成人病は最近では生活習慣病と呼ばれるように変わってきています。
成人病には、糖尿病、脂質異状症、高血圧、高尿酸血症等が挙げられます。
また、がん、脳卒中、心臓病は生活習慣との関わりが深く三大成人病とされています。

それでは、この三大成人病のがん、脳卒中、心臓病はどのような病気なのでしょうか?
ここでは、三大成人病について詳しく調べてみました。

がん、脳卒中、心臓病は、三大成人病と呼ばれています。がん、脳卒中、心臓病は40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占める疾病で三大死因とも言われています。
特に40~60歳くらいの働き盛りに多い疾病です。
現在は、成人病は生活習慣病と呼ばれるように変わってきています。
三大成人病という言葉は保険会社のプランや、広告でよくみかけられるのではないでしょうか?

●がん
三大成人病の一つ、がんは悪性腫瘍を指し、腫瘍の中でも浸潤性に増殖し転移するものです。
がんになると、異常細胞が無制限に栄養を使ってしまうので、体力が著しく消耗します。
また全身に転移すると、多数の臓器を機能不全にしてしまいます。
がんの発生には、食生活と喫煙が大きく影響しています。
食生活はがんの発生原因の30パーセントに関わっていると考えられ、また、喫煙もがんの発生原因の30パーセントに関わっていると考えられています。
つまり、食生活改善や、禁煙はがん予防の為にはとても効果的です。
食生活の欧米化は、乳房や前立腺や大腸のがんと関係していると考えられています。
喫煙はほとんどは肺がんに関連していますが、口腔や尿路のがんにも関係しています。

●脳卒中
三大成人病の一つである脳卒中は、脳血管障害の総称です。
動脈硬化で血管がつまって、脳の血管が破れたり、脳の細胞が死んでしまったりする事も脳血管障害の一例です。
その結果、半身不随や言語障害になる可能性もあります。

●心臓病
そして、三大成人病の一つに心臓病があります。
主な心臓病には狭心症と心筋梗塞が挙げられます。
狭心症は心臓の動脈硬化が原因で、さらに血管が狭くなって血液の流れが悪くなった状態です。
また、心筋梗塞は、さらにこの狭くなった血管に血の固まりが詰まり、血液が流れなくなって酸素の供給ができなくなり心筋細胞が壊死する事です。

三大成人病を予防する為には、普段の生活習慣を見直し改善する事が勧められています。
食生活をはじめとして、もう一つ大切な事はストレスを受けにくい生活をする事です。
急激に変化する生活のなかで、身の回りの環境を整えるようにしてみましょう。

今回は3大成人病について調べてみましたが、いかがでしたか?
がん、脳卒中、心臓病は全死因の上位を占めていて、この3大成人病だけで、全死因の半分以上を占めています。
特に働き盛りに多い疾病ですから、なってしまっては大変です。
できるかぎり生活習慣を見直し改善する事によって、3大成人病にならないよう心がけましょう。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

早期発見・治療のために成人病検診を受けましょう

三大成人病(脳卒中、がん、心臓病)は、早期発見、早期治療が必要な事がわかりましたね。

早期発見、早期治療の為には成人病検診を受ける事が必要です。
成人病検診は具体的にはどのような検査をするのでしょうか?
また、私達は成人病検診を受ける機会があるのでしょうか?
ここでは、成人病検診について詳しく調べてみました。

成人病検診は、各自治体では、さまざまな形で行われています。
自治体の広報紙面に成人病検診の案内が掲載されています。
また、各自治体が運営しているインターネットのホームページ上でも、成人病検診案内を見つける事が出来ます。
成人病検診の案内に合わせて申し込みをして、保健センターや、検査センターといった成人病検診が行われる施設に自分で出向きます。
成人病検診は、一年に一度は、受けるように勧められています。

また、職場においての成人病検診は、もっと手軽に検診を受ける事が出来るようになっています。
職場での成人病検診は一般的には、職場に成人病検診車がきてくれます。
自治体の健康管理センターから胸部検診車や、胃の検診車などが、職場までやってきて行います。
また、民間の健康管理センターの検診車が職場にきて行う事もあります。職場まで検診車がきてくれない時は、提携医療機関が紹介され、そこで成人病検診を受けるという方法もあります。
成人病検診では、内容として、問診、身長、体重、体脂肪、血圧、視力、聴力、血、尿検査、心電図、X線撮影(胸部・胃部)、婦人科系検査があります。

定期的に成人病検診を受ける事は、生活習慣病の発症や悪化を防ぐ為に大切な事です。
成人病検診は、市町村や会社で行われているので年に一度は受けるようにすると良いでしょう。
また、検診以外でも、自覚症状があれば検査を受けましょう。
気になる症状が長引いている時や、頭痛や腹痛等でも普段と違う症状があったら要注意です。

成人病検診は、生活習慣病検診という呼びかたをしている事もあります。
最近では、”メタボ検診”が加えられています。
メタボ検診は生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的としてメタボリックシンドロームに着目しています。
健康診断の結果を参考にしてより良い生活習慣の見直しに活かしましょう。

ここでは、成人病検診について調べてみましたがいかがでしたか?
成人病検診という名前ではありませんが、私が会社に勤めていた時に受けていた健康診断がまさに成人病検診と内容が同じでした。
年齢や性別によって受ける検査項目は、違ってくるので、全く同じという訳ではありませんが、ほとんど同じです。
会社まで検診車と医療スタッフの方が来てくれて手軽に受けていました。
自分でも気づかないうちに成人病検診を受けているという方は少なくないかもしれませんね。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

成人病センターで生活習慣病の早期発見と治療を!

生活習慣病の予防には生活習慣を見直し改善する事が必要ですが、検診による早期発見、早期治療も大切です。
この早期発見、早期治療の為に一般検診や健康診断、企業検診、人間ドック等を行っている成人病センターという機関があるようです。

今回は、成人病センターについて詳しく調べてみました。成人病センターでは、どのような事を行っているのでしょうか?

3大成人病と言われる疾患(脳卒中、がん、心臓病)は、検診による早期発見、早期治療が大切です。
この早期発見をする機関として全国に成人病センターはいくつもあるようです。
成人病センターは県や市によって設立されています。
他にも、医師会による成人病センターも設立されています。

成人病センターは、一般検診や健康診断、企業検診、人間ドック等を行う機関で人々の健康維持に貢献しています。

たとえば、「地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪府立成人病センター」という病院があり、ここでは大阪府立の成人病を専門に研究、診察しています。

また、医師会による「松山成人病センター診療所」という施設があります。
社団法人松山市医師会が運営している診療所です。
ここでは、市民のための健康診断、企業検診、人間ドック等が行われています。

「つがる市立成人病センター」という病院は、市立の成人病センターです。
以前は旧木造町に木造町立成人病センターとして開院し設立されていたのですが、平成17年2月の市町村合併に伴い、現在のつがる市民センターとして誕生しました。
このセンターは、地域医療センターとして成人病の早期発見、治療を目的としています。
このセンターはつがる市民を対象にしたつがる市に密着した病院として集団検診の精査、人間ドック、生活習慣病に対する予防医療等を行っています。

さらに、がんを中心とした検査を行っている「全国がん(成人病)センター」という機関もあります。
このセンターはがん予防、診断、治療等の向上を目的として、昭和48年に設立されています。
主な活動としては、最先端のがん医療の提供、がんの予防法や新しい診断・治療技術の開発、がんの病態・治療法を確立する為の研究等があります。

成人病センターに関する情報は、インターネットで調べられます。
色々な機関がホームページを開いているので興味のある方は調べてみて下さい。

今回は成人病センターについて調べてみましたが、いかがでしたか?
私は成人病センターという名前を聞いたのは初めてでしたが、全国にはたくさんあるようです。

成人病は生活習慣病とも呼ばれていますが、生活習慣を改善しただけでは、完全に予防また治療できるものではないので、このような成人病センターを利用して早期発見、早期治療に努めましょう。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

成人病と生活習慣病は同じもの?違うもの?

成人病って最近では、そういえばそんなに聞かなくなった言葉ですよね。
かわりに生活習慣病という言葉を聞く事は多くありませんか?
雑誌でも広告でも生活習慣病という言葉がよく使われています。
成人病と生活習慣病は、同じような意味があるような気もしますが、実際のところはどうなのでしょう?
今回は成人病と生活習慣病について調べてみました。

成人病は、「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40~60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として定義され、行政的に提唱されたものでした。
3大成人病(がん、脳卒中、心臓病)は、集団検診による早期発見、早期治療の体制が整えられました。当初、成人病(せいじんびょう)と呼ばれていたのは中高年がかかる病気として考えられた為でした。

しかし、その後近年の食生活や生活習慣の変化により、子供でも成人病(糖尿病等)を発症するという事があり、このような、“子どもの成人病”が年々増加し、問題になっていました。
そして日常の生活習慣が病気の原因には、年齢を問わず、大きく影響しちている事が判明してきました。
そこで、平成8年(1996年)、成人病難病対策部会(厚生大臣の諮問機関である公衆衛生審議会)は、それまで使用されていた”成人病”を言い換え”生活習慣病”として導入しました。

このように”成人病”から”生活習慣病”へと名称変更が行われました。
生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症、進行に関与する疾患群」と定義されています。
病気の原因を作らないように、日頃の生活習慣を見直し、予防、改善していくように生活習慣病という名称になったとも言われています。
つまり生活習慣病にならないようにその名のとおり生活習慣に気をつけようというものですね。

生活習慣病は、その名のとおり長年の生活習慣が深く関与している疾病の事を指します。
しかし、生活習慣病には、自己免疫疾患や先天性要因等の遺伝的要因や家族性要因の存在があり、生活習慣に関係なく発症する疾病もあるので、必ずしも生活習慣のみで完全に予防が出来たり治療が行えるというものではありません。

ここでは、成人病と生活習慣病について調べてみましたが、いかがでしたか?
成人病と生活習慣病は同じ病気を指していますね。
確かに最近では、成人病はいつの間にか生活習慣病と呼ばれていました。子供の成人病が問題になってしばらくしてからだと思います。
生活習慣病は、脳卒中やがん、心臓病等重篤な病気を含んでいます。
日頃の生活習慣を見直して、改善するように心がけましょう。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント