身体を温める食べ物で冷え性対策

冷え性でお困りの方は、身体を温かく保つ事も大切ですが食生活にも気をつけて下さいね。
暑いからといって冷たい物ばかりの飲食や身体を冷やす食べ物の摂り過ぎにも注意して下さい。
冷たい飲食物の摂り過ぎや身体を冷やす食べ物の摂り過ぎは身体を冷やすため冷え性の原因となり、冷え性になったり、冷え性が悪化したりします。

体を冷やす食べ物、体を温める食べ物を知り、冷え性予防・改善に上手に活用する事が大切です。
今回は身体を温める食べ物、身体を冷やす食べ物、そして血行を促進する働きがあるビタミンEを多く含む食べ物について調べてみました。

●身体を温める食べ物
身体を温める効果のある食べ物には、ショウガ、ニンニク、ネギ、ゴボウ、ニンジン、山芋、レンコン等の根菜類、味噌、しょうゆ、塩等があります。
この中でも身体を温める効果が高い事で有名なショウガは、ショウガ汁にして飲む事を習慣にすると身体が温まりお勧めです。

●身体を冷やす食べ物
身体を冷やす食べ物には、砂糖、牛乳、、トマト、ナス、きゅうり、レタス等の夏に採れる野菜や暖かい地方で採れる野菜、酢、スナック菓子、アイスクリーム、清涼飲料水等があります。

●血行を良くするビタミンEを含む食べ物
ビタミンEを多く含む食べ物には、カボチャ、アボガド、うなぎ、ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、松の実)等があります。
毎日の食事に適度にビタミンEを含む食品を取り入れる事で冷え性改善に役立ちます。

身体を温める食べ物、身体を冷やす食べ物について調べてみましたが、いかがでしたか?
私は、身体を冷やす食品に単品でもバランスの良い牛乳やエネルギーになりやすい砂糖、身体に良いと言われている酢等が含まれるなんて意外な印象を受けました。
また、ビタミンEを多く含む食品が冷え性改善に役立つ事も初めて知りました。
今後は冷え性改善につながるような食事を心がけたいと思います。

体を冷やす食べ物だからといって夏野菜を食べなかったり、牛乳を飲まなかったりすると栄養が偏ってしまいます。
体を冷やす食べ物は冷え性によくないから全く摂取しないという事は止めましょう。
少し工夫して(牛乳は温めて飲んだり、野菜は生野菜ではなく温野菜にする等)摂取すると良いでしょう。
また、体を冷やす食べ物をには体を温める食べ物も組みあせてバランスの良い食生活を目指して下さい。

冷え性対策におすすめの靴下

一番冷えて困ってしまうのは、足が冷える事ではないでしょうか?
足って冷えやすいし、一旦冷えたらなかなか温まらなくて、足が冷えているせいで眠れなかったり、いつも足先が冷たくて気になってしまったり、暖かい季節なのに足が冷えている等、足の冷えは冷え症の方が一番悩んでいる事ではないでしょうか?

私もやっぱり冷えで一番気になるは足の冷えです。
多くの冷え症の方を悩ませている足の冷えの改善対策に役立ってくれる冷え症対策グッズに、冷え性対策の靴下があります。
ここでは冷え性の方にお勧めの冷え症対策の靴下を調べてみました。

●五本指靴下
よく見かけられるのが五本指靴下です。
五本指靴下は高い保温効果が期待できます。
なぜかというと五本指靴下は指と指が離れており、汗を吸収しやすくなっているので汗による体温低下を防ぐからです。
また、五本指靴下は足の指が動かしやすく、足に刺激を与えてくれるので冷え性の人に役立ちます。

●発熱繊維サーモギア靴下
発熱繊維サーモギア靴下という靴下があります。
どういう靴下かというと、履いているだけで足元がぽかぽかする靴下で、吸湿性にも優れているので、足元がベタつきません。
発熱繊維サーモギアには自ら発熱する繊維が使用されています。

●テピロン製の靴下
テピロン製の靴下も冷え症の方には、お勧めの靴下です。
テピロン製の靴下は、保温性が高く汗を吸収・放出してムレを防ぐ効果もあります。
テピロン繊維は熱伝導率が低く、綿の約2倍の保温力を持っています。雪山でも使われているそうですよ。

●カプサイシン配合靴下
カプサイシン配合靴下は、血行促進の効果があると考えられています。
カブサイシンは新陳代謝を促進してくれるトウガラシの成分で、このカプサイシンを配合した靴下を履くと足が温かくなるので冷え性の方は試してみて下さい。

●トルマリン靴下
マイナスイオン効果を利用したトルマリン靴下は、足の冷え、むくみ、疲れ、臭い等を軽減する事が出来ます。

このように、五本指靴下、発熱繊維サーモギア靴下、テピロン性の靴下、カプサイシン配合靴下、トルマリン靴下等色々な種類の冷え症対策用の靴下があるので、自分にぴったりの靴下を探してみてはいかがでしょうか?

冷え性対策の靴下について調べてみましたが、参考になったでしょうか?
冷え症の方は靴下に気をつけるだけで冷え症を改善する事が出来ます。
冷え症にお悩みの方は、冷え症対策用の靴下を検討してみてはどうでしょうか?
気にいる靴下がみつかるかもしれません。
冷え症対策用の靴下は、履くだけで冷え症改善が期待出来ます。
気軽に日常生活に取り入れてみて下さいね。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

冷え性の方の強い味方!冷え性対策グッズの紹介

冷え性で悩む人の心強い味方といえば、冷え性対策グッズです。
冷え性に悩んでいる人は入浴や運動、ストレッチを取り入れると同時に便利な冷え性グッズも取り入れて、冷えから体を守りましょう。
ここでいくつか冷え性対策グッズをご紹介したいと思います。

●腹巻
冷え性用の腹巻には、保温効果の高い物がお勧めです。
腹巻をすることでお腹や腰の冷え性対策になります。
最近はデザインの可愛い腹巻や、薄くて着けていても違和感のないものが増えています。
可愛くて着心地のよいお気に入りの腹巻を見つけて冷え性対策に活用してみてはいかがですか?
また、昼間に腹巻を着用する事には少し抵抗があるという方は、夜寝る時に着用してみては、いかがでしょうか?

●靴下
冷え性用の靴下は、薄手で足を締め付けず、また通気性・保温性に優れています。
色々な種類があるので是非冷え性用の靴下を検討してみて下さい。
足が冷えないように保温性のいい靴下を履く事は冷え性の改善に効果があります。
五本指の靴下も足の指が動かしやすく刺激を与えてくれる為冷え性の方にお勧めです。
足先が冷たくて眠れないからと、眠るときに靴下を履く人がいますが、足が締め付けられる靴下を履いて寝ると血液の流れが悪くなったり、体温調節が難しくなるのでかえって冷え性が悪化してしまいます。
寝る時には、足を締め付けない冷え性用の靴下の着用をお勧めします。

●レッグウォーマー
レッグウォーマーは、冷房で足が冷えて辛いという人にお勧めの冷え性対策グッズです。
冷え性用のレッグウォーマーには、血液の流れを妨げないように、締め付けをゆるくしてしているレッグウォーマーがあり、足の冷えに悩んでいる方にお勧めです。
また、夜寒くて眠れない方にも冷え性用のレッグウォーマーをお勧めします。
足の冷え対策にレッグウォーマーを上手に活用して下さい。

●ソフトサポーター
また、ふくらはぎに着用するソフトサポーターもお勧めです。
冷え性対策は足先まで温かい血液を届ける事が大切です。
ふくらはぎは、筋肉が少なく冷えやすいので、ソフトサポーターの着用が効果的です。
お風呂上りは身体の中まで温まっているので、お風呂上りにサポーターを着けるとさらに効果的です。

日常生活に上手に冷え性対策グッズを取り入れると、手軽に冷え性対策をする事が出来ます。
冷え性対策グッズを活用するだけでも、冷え性改善の大きな効果が期待出来ます。
他にも冷え性対策グッズには保温性が高く通気性の良い下着、肘サポーター等色々な物があります。
また、外出時に着用するマフラーやお風呂に入れる入浴剤も冷え性対策グッズとして役立ちます。
冷え性改善対策に冷え性対策グッズを取り入れて、冷え性の改善に役立たせて下さい。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

冷え性対策~夏&冬季節別の冷え対策~

冷え性は、寒い季節にしかならないと思ってる方もいらっしゃると思いますが、暖かい季節でも最近ではエアコンの使用により室内が寒く外は暑い為、冷え性に悩まされる方は多いのです。

夏と冬は屋内と室内の気温差が激しいため、体温調節が難しく冷え性を招いたり悪化させたりしやすい季節です。
特に夏と冬には冷え性対策に気をつけて快適で健康的な生活を目指しましょう。

■夏でも気をつけたい!夏の冷え性対策

夏は、外は暑いのに室内や電車内、車内等の屋内では冷房がきいています。
屋内と室内の温度差が激しいので、体温調節が難しく血の巡りが悪くなり、冷え性になりがちです。
夏の冷え性対策として、食生活に気をつける事、夏でも湯船につかって身体を温める事、適度な運動を心がけて下さい。

●体を温めるものを摂取しよう
夏でも冷え性の方はなるべく温かい食べ物を摂取する事を心がけて下さい。
また冷え性対策には、ショウガ、ネギ、ニンニク、唐辛子等体を温めてくれる食材を適度に摂取すると効果的です。
暑いと冷たい飲み物や食べ物ばかり摂ってしまいますが、体を冷やしてしまう原因になります。
体を温める飲み物、食べ物を摂取するように気をつけましょう。
また、食生活を見直してバランスのよい食事を摂りましょう。

●お湯にゆっくり浸かって体を温めよう
夏は暑いからといってシャワーだけで済まさず、きちんとお風呂に入る事で冷房で冷やされた身体の冷えが温められます。
湯船につかる事により血流が良くなり安眠にもつながるので、冷え性の為に不眠で悩んでいる方は、面倒でも毎日きちんとお風呂に入り、身体を温めるように心がけましょう。
また、入浴にはリラックス効果もあるのでお気にいりのアロマテラピー用のオイルを入れてゆっくり入浴を楽しんみる事もお勧めします。

●適度な運動で血の巡りを良くしよう
冷え性の予防の為に適度な運動を心がけましょう。
新陳代謝が良くなり血の巡りも良くなります。
夏は暑いから運動は嫌だという方は、エアコンのきいているスポーツジムを利用したりプールで泳いでみる事をお勧めします。
軽くストレッチするだけでも冷え性予防の効果があるので寝る前や時間があいている時に試してみて下さい。

夏は暑いからといって冷え性にならない訳ではありません。
だるい、身体が重い、眠れない、食欲がないという方は夏の冷え性の可能性があります。
夏の暑さや冷暖房のせいで疲れがたまっていると、身体の機能が低下してしまい、冷えに対しての抵抗力も弱くなってしまうのです。
夏の冷え性にも気をつけて健康な生活を目指しましょう。

■冬の冷え性対策

冬もきちんとお風呂に入る事、食生活に気をつける事、適度な運動を心がけることで冷え性を改善することが夏と同じようにできますが、今回は、腹巻や靴下等の冷え性対策グッズを利用した冷え性対策をご紹介したいと思います。

●腹巻は優れモノです!
腹巻を着用して、衣服による冷え性対策をしましょう。
腹巻をつけると体の冷えが軽減されます。
今は可愛い腹巻も販売されているので、お気に入りの腹巻を見つけて、上手に活用してみましょう。

●寝る時に靴下を履くのは良くない!?
眠っている時の靴下着用には気をつけましょう。
足先が冷たくて眠れないからと、眠るときに靴下を履く人がいますが、足が締め付けられる靴下を履いて寝ると血液の流れが悪くなったり、体温調節が難しくなるのでかえって冷え性が悪化してしまいます。
寝る時には、足を締め付けない冷え性用の靴下の着用をお勧めします。
足先が冷えるけど眠る時に靴下は履きたくないという方は、湯たんぽ等を利用して冬の冷え性対策をしてみたらいかがでしょうか?

ここでは、夏の冷え性と冬の冷え性について調べてみましたがいかがでしたか?
私も普段は意識していませんが現代生活では、冷暖房が発達している為に夏でも冷え性に気をつける必要がありますね。
冷え性は日常生活の色々な冷え性対策で予防や改善をすることが出来ます。
私も毎日湯船につかってお風呂に入る事や、夜寝る時に足を冷やさないようにした事で、以前よりも身体の調子がよくなり夜もぐっすり眠れるようになりました。皆さんも是非冷え性対策を実践してみて下さい。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

手軽にできる冷え性解消方法

体が温まらなくて夜よく眠れない、身体がだるい、疲れやすい、冷え性のせいで仕事に集中できない等冷え性が原因で引き起こされる症状で悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

女性に多いと言われる冷え性ですが、この冷え性を解消し健康的な生活を送る為に、手軽に出来る冷え性解消法を調べてみました。

冷え性解消のツボには、三陰交(さんいんこう)と湧泉(ゆうせん)があります。
また、冷え性解消の為の簡単な体操として、グーパー体操とバタ足体操を調べてみました。

■冷え性解消のツボ

三陰交(さんいんこう)
内側のくるぶしの頂点から指3本分上に位置し、親指でツボを5秒ほど押して離します。これを数回繰り返します。
三陰交は冷え性だけでなく生理不順にも効果があります。

湧泉(ゆうせん)
湧泉(ゆうせん)は、足の裏側にの土踏まずの中央よりやや指側に位置し、親指でツボを5秒ほど押して放す、これを数回繰り返します。

■冷え性解消の為の簡単な体操

グーパー体操
グーパー体操はまず仰向けに寝ます。
それから足の指を内側に曲げて、次に広げてパーの状態にします。
このグーパーを繰り返し行う事により血液の循環が良くなり手足の冷えの解消につながります。
手も足と同じようにグーパーを繰り返します。
足首や手首を曲げる運動を繰り返すだけでも冷え性を解消する事が出来るので、グーパーが上手くできない方は試してみて下さい。

バタ足体操
バタ足体操は、まず仰向けに寝て膝を伸ばします。
次に水泳のバタ足のような感じで、足の付け根から足全体を上下にゆっくりと動かしてみましょう。
冷え性の解消につながります。

また、手軽に出来る冷え性解消法は、衣服で外気から身を守る事です。
衣服で身を被う事により体温を逃がさないようにし、温かい状態が保てます。ただ厚着をすれば良いという訳ではなく、衣服での冷え性対策は、足等下半身から暖め、次にお腹等を暖めると効果的です。
常に衣服で足やお腹を温めて、冷やさないように気をつけましょう。

冷え性に悩んでいるけど、忙しくて時間のかかる冷え性対策を実践できないという方は、仕事の合間や少し空いた時間、寝る前などに今回紹介した冷え性に効くツボを押したり、簡単な冷え性解消の体操をしてみて下さい。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

冷え性を改善させる6つのポイント

私も冷え性ですが、最近では夜寝る時に湯たんぽを布団のなかに入れたり、家にいる時は靴下を2枚履いたり、冬用の厚手の下着を着用したり、朝起きたら暖かいものを飲んだりしています。
(朝のドリンクは、体を暖める作用のあるしょうが汁がよいそうですが、独特の香りと味があわなくて私は続きませんでした。)

冷え性は、手足が冷えるだけでなく、顔がほってたり足がむくんだり、他にも、頭痛、腰痛、肩こり、貧血、生理不順、生理痛など色々な症状を引き起こします。

冷え性のために体に不調を感じたり、いつも身体がだるく感じる女性は少なくありません。
冷え性のせいで不眠症になったり、身体の不調からイライラしてしまう事も考えられます。
快適に毎日を過ごすために、冷え性の改善をしてみませんか?
ここでは冷え性改善方法についてお話したいと思います。

冷え性改善には、バランスの良い食事、お風呂は湯船につかる事、身体を冷やさないようにする事、軽い運動やストレッチ、軽い断食、腹式呼吸等が挙げられます。

●バランスの良い食事
食品には、しょうが、ネギ、ニンニク等身体を温めてくれる食品とトマト、ナス、スナック菓子等身体を冷やしてします食品があります。
冷え性改善には、身体を温めてくれる食品を摂取しましょう。
冷え性改善にはバランスのよい食事を取る事も重要です。
無理なダイエットは冷え性を招いたり、悪化させたりする原因となるので止めましょう。

●お風呂は湯船につかる
一人暮らしの方は、面倒だからといって湯船につからずシャワーだけで入浴を済ませていませんか?
忙しい時や、暑い季節はついシャワーだけという事もあると思いますが、湯船に浸かって体を温める事で血流がよくなり冷え性改善につながるので、できるだけ湯船につかるように心がけましょう。
40℃前後のぬるめのお湯で、ゆっくりお風呂に入ると効果的です。

●身体を冷やさないようにする
日頃から身体を冷やさないように保温性のある下着や腹巻などを着用し体が冷えないようにしましょう。
特に若い女性は寒い時でもお洒落の為に薄着をしがちなので気をつけましょう。
冷え性対策グッズが販売されているので、上手く活用して下さい。

●軽い運動やストレッチ適度な運動やストレッチは冷え性改善につながります。
しかし、運動するのは苦手、時間がないという人は寝る前に軽いストレッチをしてみて下さい。
ストレッチをする事で体が温まり冷え性が改善されます。

●軽い断食
人間の身体は、食べ物を消化する時血液が胃腸に集中します。
半日から一日くらいの間、野菜ジュースや水分だけを摂取する事で、胃腸を休ませる事ができ、食べ物の消化の為に使われる血液が身体を改善する為に使われます。
また、断食により体温が高くなり、免疫力が向上すると考えられています。

●腹式呼吸
呼吸法に気をつけると冷え性改善につながります。
しっかりと酸素を取り込む複式呼吸をする事により、血流を良くするこ事ができます。
複式呼吸には、リラックス効果もあり手軽にできる冷え性改善方法です。

冷え性には、様々な改善方法がある事がわかりましたね。
私も知らなかった改善方法を今回知る事ができ、今後の生活に取り入れてみようと思いました。
就寝前のストレッチや腹式呼吸、お風呂にきちんと入る事は、冷え性対策にもなりますが、健康やダイエットにも良いと言われています。
自分にあった改善方法から実践していき、冷え性も改善された健康的な生活を目指しましょう。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント

冷え性の症状について

ここでは冷え性の症状について、説明したいと思います。
私も、寒がりの冷え性なので、手足がすぐ冷たくなってしまって夜眠れなかったり、椅子に座っていると足が冷たくなってしまう事がよくあります。
最近雑誌を読んでみたら、冷え性にはいろいろな症状があることがわかりました。
手足の冷えを自分は寒がりだからとほうっておくと、他にもいろいろな症状がでてくるようです。

私は、足が冷たくて夜眠れない事があります。
足が暖まれば眠れるのですが眠るまでに時間がかかり、足が冷たくてまた起きてしまうという事もありました。
手足が冷えてつらいというのが冷え性の症状だとずっと思っていましたが、冷え性から肩こりや腰痛、その他の病気になる事もあるようです。

冷え性は、冷えやすい体質のことです。
冷えるのは冬だけだと思われがちですが、最近ではエアコンの使用が一般化しているので、夏でも冷え性に悩む事があります
。スーツを着た営業社員の男性が出入りするオフィスはたいてい夏でも室内温度を低めに設定してあるので、女性が夏服で仕事をしていると寒く感じる事はよくある事です。

家族をみてみると、私と母は冷え性で父と兄は冷え性ではありません。
女性の友達とはよく冷え性や防寒対策について話したり、会社の女性の先輩からは冷えないようにアドバイスしてもらった事もあります。
冷え性は女性に多く見られ、そして多くの女性が冷え性で悩んでいるようです。

隠れ冷え性の人といって、自分では自覚していないけれど実は冷え性というもいるようです。

冷え性の症状は、手足が冷えるだけだと思っていましたが、他にもいろいろな症状があるようです。
では、どんな症状があるのでしょうか。
冷え性の症状は、手足、腰、首、肩などが冷える、布団に入っても体が温まらずよく眠れないという一般的なものから、顔が異常にほてる、足がむくむ、肩こりがひどい、イライラする、貧血、頻尿、吹き出物や肌荒れがひどいといった冷え性とは関係ないと思われがちな症状、そして頭痛、腰痛、めまい、動悸、生理不順、ひどい生理痛等の日常生活に支障をきたすような症状があり、体調を崩しやすく、よく風邪を引く傾向もあるようです。

冷えは、ホルモンバランスや胃腸機能、甲状腺機能とも密接に関わっています。
手足が冷えるだけではありません。
冷え性だからと手足の冷えをほうっておいたり、夜眠れない事を我慢したりしないで、冷え性改善をして健康な体を目指しましょう。

冷え性の症状は、手足が冷えるだけではなくさまざまな症状がありました。
女性雑誌では、ファッション雑誌、料理の雑誌、デパート等の会報誌、もちろん病気や健康をとりあつかっている雑誌でも、冬になると(時には夏にも)冷え性対策の記事がよく載っています。
それだけ冷え性に悩んでいる女性は多く関心が高いと思われます。

冷え性は、ほうっておくと日常生活に支障をきたすような症状もでてきてしまいます。
”自分は冷え性だな”と思ったら冷え性改善対策をしてみましょう。

生命保険選びのポイント
医療保険選びのポイント