漢方薬と婦人病について

ここでは婦人病と漢方薬についてお話ししたいと思います。

漢方は、病気の治療というより、体質そのものを改善してゆくように考えられています。
西洋医学のような即効性はありませんが、優しく、少しずつ、確実に、あなたの体を良い方へ導いてくれます。
今では、漢方専門のお店以外でも、簡単に漢方薬が手に入るようになりましたが、やはり、漢方の専門家と相談しながら購入するほうが良いでしょう。

 
 
漢方でいう「於血」とは、血液の流れが滞った「血流障害」のこといで、婦人病と深く関わっていると言われています。
「於血」の状態をなくすことが、婦人病の改善につながってゆくと考えられていますので、婦人病に多い「子宮筋腫」と「子宮内膜症」を例にしてお話ししていきたいと思います。

女性特有の器官である「子宮」は、洋ナシのような形をした袋状の器官で、長さは8cm程ですが、子宮の筋肉は非常によく伸びますので、妊娠すると最大30cm以上まで大きくなります。
上部3分の2を「子宮体部」、下部3分の1を「子宮頸部」といい、内部は子宮内膜という膜で覆われています。

婦人病の中でも最も多い「子宮筋腫」は、子宮の筋肉層の中にある細胞が異常増殖してできる良性の腫瘍で、特に30~40代の女性に多いようです。
「子宮筋腫」の形状は、大小さまざまであり、腫瘍の数も、1つの場合もあれば複数できることもあります。
「子宮筋腫」にはエストロゲン(女性ホルモン)が深く関わっていて、ごく小さな腫瘍も含めると、女性の半分に出来ると言われています。

婦人病としては「子宮内膜症」も知られていますが、これらの婦人病に対して、漢方では基本的に「血流障害である」と考えられています。
血流を正常にする漢方薬としては「冠元顆粒」が使われますが、漢方では、ホルモンバランスの乱れも婦人病の原因の一つと考えられています。
ホルモンバランスを維持するのが「腎」であり、「腎」を整える働きのある「八味地黄丸」や「瓊玉膏」などを処方します。
ほかにも、生理痛を改善する漢方薬もあります。

漢方では、薬ばかりに頼らずに、基本的な生活習慣を見直すことも考えるべきである、としています。
常日頃から「冷え」ないように気をつけたり、体が冷えるような野菜や果物ばかり食べないように注意しましょう。

 

漢方薬で、じっくりと体を治してゆくのも良いですね。
あせらず、気長に続けるようにしましょう。
漢方薬を飲み続けながら、自分の生活習慣もあらためて見直してみましょう。
意外と、「冷え」の原因になるようなことがあるのに、気がついていないのかもしれません。
また、夏が旬の野菜や果物には、体を冷やす働きがありますから、食べすぎに注意してくださいね。

「婦人病チェック」の方法について

ここでは、毎日の生活の中で手軽にできる「婦人病チェック」の方法について紹介していきたいと思います。

婦人科検診を受けることはとても大切なことですが、頻繁に受けることは難しいですね。
ふだん、当たり前のことだと思っていることが、婦人病によるものかもしれません。
自分の体をあらためて見直してみて、「婦人病チェック」をしてみませんか?
 

女性の体はたいへん複雑にできていて、女性特有の生理現象もあります。
そういった複雑な女性の体に潜んでいる婦人病は、ふだんの生活の中で見つけ出すことは難しいので、あらためて注意深くチェックしたり、婦人科医の検診を受けることが必要になってくるのです。

ですが、婦人病を心配するあまり頻繁に検診を受けに行くことも難しいですね。
今は、婦人病のチェックができるサイトがありますから、自宅で簡単に婦人病のチェックが出来るようになっています。

女性には、定期的な「月経」という生理現象があり、ホルモンの分泌や精神状態などは「月経」の前後によって変わってきます。
そのように変化する体の状況も含めて、常日頃からチェックをすることで、自分の体に婦人病のきざしがあらわれているか否か、ある程度、知ることが出来るわけです。

ふだんの生活の中で婦人病をチェックできるシステムに、「婦人病チェッカー」というサイトがあります。
「婦人病チェッカー」は、Yes・Noをクリックすることで、子宮筋腫や膣炎などの婦人病の可能性があるか否か、チェックできるシステムです。
早期発見、早期治療のためにも、日頃から婦人病のチェックをしておきましょう。

1.腹痛・腰痛などの生理痛がひどい
2.おりものの量が異常に多い、臭いが強く黄色みをおびている
3.乳房にえくぼがある、乳頭が陥没している
4.外陰部に激しいかゆみがある
5.生理不順
6.乳房に硬い筋状のしこりがある
7.外陰部の周囲にただれがある
8.普通の性生活で、避妊をせず約2年間妊娠しない
9.生理のときに、冷や汗をかいたり脳貧血を起こすことがある
10.ナプキンを頻繁に取り替えるなど、生理時の出血が多い
11.生理時に、レバー状の血のかたまりが頻繁に出る
12.排尿時に、外陰部がしみる、痛がゆい
13.腹部にしこりがある
14.乳頭から分泌物や血液などが出ていることがある
15.血液検査で、貧血を指摘されたことがある
16.不正出血がある

 

 

「婦人病チェック」は試してみましたか?
Yes・Noをクリックするだけですから、簡単ですね。
「婦人病チェック」の結果、「婦人病かもしれない…」と思うことがあれば、できるだけ早く婦人科へ行くようにしましょう。
もし、ふだんから悩んでいる症状があるのなら、これを機会に婦人科医に相談してみるのも良いですね。
簡単なセルフチェックで、悩みも症状も早めに解決してしまいましょう。

婦人病の検診を受ける必要性について

ここでは、婦人病の検診を受ける必要性についてお話ししたいと思います。

女性の体には、生まれてから成長するにつれて、さまざまな変化が現われます。
その時期にかかりやすい婦人病が検診の対象となりますから、ぜひ、検診を受けておきたいですね。
月経がはじまってから、妊娠、出産、更年期、閉経期と、女性の体は大きく変化していきます。
大切な体を守るためにも、婦人病の検診について知っておきましょう。

 
日本女性の平均寿命は85歳を超え、世界で1番の長寿国となっています。
このように、元気な日本女性ではありますが、「子供を産む」ということからも分かるように、女性の体は非常に多くのホルモンの影響を受けているのです。
それぞれのライフステージにおいて、生涯にわたって心身の健康管理をすることについては、産婦人科や内科の範疇を超えるものがあるのですが、たとえ無病の状態であっても、心身ともに健康に生きてゆくためには、たくさんの知識を身につけ、積極的に健康管理に取り組むことが必要です。

婦人病についても、定期的に検診を受けてゆくことが大切です。
女性の年齢や、思春期、妊娠・出産、更年期などのステージによって、対象になる婦人病も変わってきますから、それぞれのステージによって、婦人病の検診項目も変わってくるわけです。
また、検診の受け方も、結婚や出産などをひとつの機会にして、乳ガンや子宮筋腫などの検診を受けるなどの変化が現われてきます。

現在、女医さんが女性特有の病気を診てくれる診療科が増えてきており、これを「性差医療」と言います。
月経、妊娠、更年期などの生理現象は女性独特のものですから、“婦人病”を病気としてではなく、日常的におこる現象と考えてしまう人もいるようです。
あまりのも当たり前の現象として考えてしまったたために、少しの異常であれば“婦人病”とは考えず、婦人科に行くことも少なくなっています。
そのため、婦人病が進行してしまうおそれもありますので、婦人病の検診は、女性のライフステージに合わせて、定期的に行うようにしましょう。
女性に生まれたからには、婦人病うを患う可能性はあります。うまく健康管理をして、定期的に婦人病の検診を受けるようにましょう。

 
女医さんが診てくれるなら、受診しやすいし、気軽に相談できそうですね。
こういった「性差医療」を設ける病院が、もっと増えてくれると良いと思います。
考えてみると、私にも「女性なんだから当たり前」と思って、軽く考えていたところがあったかもしれません。
健康的な人生を送るために、女性のライフステージに合わせて、婦人病の検診を受けてみましょう。

デリケート部分の「かゆみ」の症状について

ここでは、「かゆみ」の症状についてお話ししたいと思います。
女性にとって、デリケートな部分の「かゆみ」は、どうしても恥ずかしさが先に立ってしまい、ついつい婦人科の受診が遅れてしまうことがあります。

「かゆみ」も病気が原因で起こる症状ですから、できるだけ早く婦人科へ行って受診しましょう。
「かゆみ」を伴なう婦人病も例も挙げてありますので、読んでみてください。

 
女性の「かゆみ」の悩みの中でも、女性のデリケートな部分の「かゆみ」についての悩みは、特に多いようです。
外陰部の「かゆみ」の原因は“かぶれ”によるものが多いのですが、これは日本の気候は湿気が高いうえに、女性の体は通気性が悪くなっているため、どうしても外陰部が蒸れて、「かゆみ」を引き起こしてしまうのです。
さらに、女性はファッション性を考えて、キッチリとしたガードルなどを身につけ、下半身を強くしめ付けることが多いため、さらに蒸れてしまうことが多いようです。

「かゆみ」を感じたら、まず、かゆみの原因と考えられるものを取り除いていきましょう。
化学繊維などもかゆみの原因になる場合があるので、自然素材の下着や生理用ナプキンに変えてみることも有効です。
また、婦人病ではありませんが、ケジラミが原因となって「かゆみ」が起こる場合もあります。

考えられる原因となるものを取り除いてもまだ続くようでしたら、その「かゆみ」は婦人病の症状かもしれません。
外陰部や膣が熱を持っている場合や、痛みがあるなどの症状があるなら、すぐに婦人科を受診するようにしましょう。
「かゆみ」を伴なう婦人病としては、カンジタ膣炎、トリコモナス膣炎、性器ヘルペス、非特性膣炎、ベーチェット病、萎縮性膣炎、萎縮性外陰炎、バルトリン膣炎、外陰炎などが挙げられます。

女性にとって、デリケートな部分の「かゆみ」は、できれば隠してしまいような気持ちになるかもしれません。
デリケートな部分に起こる「かゆみ」は、人に相談しずらいかもしれませんが、婦人病を知らせるために「かゆみ」となって体から発しているシグナルですから、しっかりと受け止めて、婦人科を受診するようにしましょう。

 
「かゆみ」は婦人病がもとになって起こる一つの“症状”です。
病気の場合、病院に行って医師の診察を受けるのは当たり前ですから、そのように考えれば、婦人科に行って受診することも、それほど抵抗は感じないのではないでしょうか?
ふだん身につける下着や生理用品も、できるだけ体に優しい素材のものを選びたいですね。
快適な毎日を過ごせるように、気をつけていきましょう。

婦人病の症状「不正出血」について

女性に生まれてくると、体の成長とともに生理がはじまります。
体が健康で正常に機能していれば、生理も順調で一定のリズムを持っていますし、生理のとき以外に出血することもありませんね。

ここでは、婦人病と不正出血についてお話ししたいと思います。
不正出血は、さまざまな婦人病の前ぶれとなっていますので、気をつけて見ていきましょう。

 
分娩や生理以外の性器からの出血を「不正性器出血」、略して「不正出血」と言い、「不正出血」の多くは子宮から起こりますが、膣や外陰部に原因があって出血を起こすこともあります。
「不正出血」は、婦人病の前ぶれとなるものですから、少しでも「おかしい」と感じたら、迷わず婦人科に行って受診しましょう。

また、婦人病に起因しない不正出血として、「機能性出血」があげられます。
疾患がないのに起こる不正出血を「機能性出血」と言い、その原因は、排卵に関わる黄体ホルモンの分泌異常による排卵障害です。
「機能性出血」は、未だ卵巣機能が未熟で不安定な思春期の女性や、卵巣機能が低下する更年期の女性に多く見られます。

「機能性出血」を原因とするものを除き、「不正出血」が起こる婦人病としては、子宮筋腫、子宮内膣症、子宮頸ガン、卵巣ガン、子宮体ガン、外陰ガン、膣ガン、クラミジア感染症、卵管炎、子宮外妊娠、胞状奇胎、子宮頚管ポリープなどが挙げられ、「不正出血」は、実に多くの婦人病の前ぶれとなって現われているのです。
「不正出血」は、婦人病を知らせる体からのサインですから、すぐに婦人科に行って受診しましょう。

「不正出血」のほとんどが、婦人病のからくる症状と言われていますので、もし、「不正出血」が起こったら、恥ずかしがったり、隠したりせず、婦人病だという意識を持って、必ず婦人科で受診するようにしてください。

女性の医師がいる婦人科なら、女性同士で話しやすいと思いますので、探してみてはいかがでしょうか?
もし、「不正出血」が起きたら、すぐに婦人科に行くように心がけましょう。

 
いかがでしたでしょうか?
婦人病から起こる不正出血と、ホルモンの分泌異常からくる不正出血があるんですね。
いずれにしても、相談しやすい婦人科医を見つけて、気になる症状があるときは、すみやかに受診できるようにしておきたいものです。
女性の体にとって、とても重要なことですから、何も恥ずかしがることはありません。
「不正出血」があった場合は、婦人科医に相談してみましょう。

婦人病の症状「おりもの」について

ここでは、婦人病の症状に多い「おりもの」についてお話ししたいと思います。

「おりもの」は、本来は、細菌が子宮へ侵入するのを防ぐという大切な働きをしているため、女性特有の婦人病と関わりが深いのです。
体に何らかの異常があらわれると、「おりもの」にも異常があらわれます。
「おりもの」は、体からのメッセージのようですね。

 
「おりもの」は子宮から分泌される粘液ですから、婦人病の中でも、主に子宮に関する病気のときに、おりものに何らかの異常があらわれることが多くなります。
次に、婦人病のなかで、子宮に関する病気について挙げてみたいと思います。

婦人病の中でも、起こりやすい病気の一つである「子宮馨管炎」は、子宮と膣とをつなぐ「子宮頚管」が、生理用品や避妊具の取り忘れ、中絶や流産時などに細菌に感染することで起こります。
「子宮頚管」は、常に粘液で満たされていて、子宮への細菌侵入を防いでいる部分ですが、「子宮馨肝炎」になるとおりものが多量となり、慢性化すると不妊症の原因になってしまいます。

次に、多くの女性、特に経産婦によく見られる「子宮膣部びらん」についてですが、「子宮膣部びらん」も、おりものの増加が一般的な症状であり、特に、排卵期にはおりものの量が増加します。
「子宮膣部びらん」は、軽度のびらんや、炎症を起こしていない場合は様子を見ることが多く、反対に、軽度であっても炎症がある場合は、すぐに治療をします。

また、「子宮頚管ポリープ」も、おりものが関連してくる婦人病の一つです。
「子宮頚管ポリープ」は、子宮頚管に3mm~5mm位の小さな腫瘍ができる病気で、一般的に良性で治療も簡単ですが、ごくまれに「子宮頸がん」がポリープ状になっていることもあります。
症状は、おりものの量が増える、血が混ざる、または生理前に少量の不正出血がある、などです。

「子宮頚管ポリープ」の発見の手がかりは、ポリープに触れると簡単に出血を起こすことです。
性交時の接触や内診、または膣の炎症などで出血することがあります。

 
「おりもの」は、女性の体に必要なものですし、体が健康な状態であれば、基本的に無色で、それほどにおいもありません。
色があり、ひどくにおいが気になるような場合は、炎症をおこして細菌が入り込んでいるのかもしれませんし、赤みを帯びた色がついているなら、何処かで出血していることも考えられます。
大切にいたわる気持ちで、自分の体に注意してみましょう。

婦人病の症状について

ここでは「婦人病とは何か」と「婦人病の症状」についてお話ししていきたいと思います。

「婦人病」については、女性向けの雑誌でもよく特集が組まれることがありますね。
女性にとってはあたりまえに思えるような症状も、ちょっと気をつけてみると体からの危険信号の場合があります。
大切な自分の体ですから、まずは、婦人病について知ることからはじめてみましょう。

 
女性は、生命を誕生させ、母となる組織を体内に持っていますので、女性特有の「婦人病」があり、その症状も実に多岐にわたります。
当然のことながら、婦人病に現れる症状も女性特有のものであり、特に、男性にない月経にまつわる症状が多くなっています。

婦人病によくみられる症状としては、下腹部痛、出血、おりもの、かゆみ、腰痛、などが挙げられますが、特に、下腹部痛、月経様の出血、おりもの、かゆみといった男性には無い月経に関わる症状が多く、子宮が位置する下腹部付近に症状が現れることが多くなっています。

婦人病の場合に限らず、月経様のおりもの、出血、かゆみなどで悩んでいる女性の数は多く、女性に多く見られる貧血も、月経が主因となっている場合が多いのです。
また、女性特有の病気ではないのですが、婦人病の中には乳ガンなども含まれています。

婦人病は女性特有の病気ではありますが、ほとんどの婦人病の場合、初期症状が軽いことから、気がつかなかったり、「これくらい大丈夫だろう」などと考えて、そのままにしてしまう人が多いようです。

女性は「子供を産む」というたいへん重要な役割を担っていますので、子宮や卵巣、乳房など、女性の体にしか無い器官に起こる病気が主になり、婦人病が女性特有の病気といわれる所以となっています。

「婦人病」の症状は、女性の体調や精神状態などによって、さまざまな形で現れてきます。
生命を誕生させる女性の体は、神秘的であり繊細です。
普段から体調には十分に気をつけるようにして、自分の体のケアをして、大切にしていきましょう。

 
自分の体内に命を宿し、この世に誕生させるということは、素晴らしいことであり、それだけ大変なことでもありますね。
大切な自分の体ですから、常日頃から、体調の変化には十分に気をつけてください。
もし、何かしらの症状が現われたら、そのままにしないで、恥ずかしがったり、面倒くさいなどと言わずに、きちんと診察を受けるようにしましょう。